Yahoo!辞書

kotobank > ねそねそとは

 

ねそねそ 【ねそねそ】

  • 2件の用語解説(ねそねそで検索)

大辞林 第三版の解説

ねそねそ
 
( 副 )
動作や物の言い方などがのろく,まだるっこいさま。反応が鈍いさま。 「公事に上げたくは上げうまでよと,-と言うたが/狂言・右近左近 虎寛本」


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ねそ‐ねそ 【ねそねそ】
 
[副]言語動作鈍重であるさま。「そばから―上方の産まれと見えて」〈根無草・後〉

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねそねそに近い言葉→ケルソネソス|タウリケのケルソネソス|ミネソタ管弦楽団|Χερσόνησος|ネソケイ酸塩鉱物(ネソ珪酸塩鉱物)|ミネソタ|ミネソタ[州]|ミネソタ多面人格目録|ツリフネソウ(釣舟草)|ミネソタの娘

ねそねその関連情報

ショッピング検索

「ねそねそ」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月25日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ