Yahoo!辞書

kotobank > エピタキシャル成長とは

 

エピタキシャル成長 【エピタキシャルセイチョウ】

  • 2件の用語解説(エピタキシャル成長で検索)

デジタル大辞泉の解説

エピタキシャル‐せいちょう 〔‐セイチヤウ〕 【エピタキシャル成長】
 
《 epitaxial growth 》基板となる結晶の上に、新しく結晶を成長させること。集積回路製作のために用いられる。エピタキシャル結晶成長

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

一つの鉱物相が光学的に連続した方位で他の鉱物の上に成長することで,二種類の鉱物の間の結晶構造的な類似性による.


Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エピタキシャル成長に近い言葉→エピタキシャル結晶成長|エピタキシャル|エピタキシャルウェーハー|エピタキシー|分子線エピタキシー法|ヘテロエピタキシー|分子線エピタキシー|シンタキシャル脈|アンチタキシャル脈|シンタキシャル

エピタキシャル成長の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「エピタキシャル成長」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月17日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ