Yahoo!辞書

kotobank > グリコシルトランスフェラーゼとは

 

グリコシルトランスフェラーゼ

  • 1件の用語解説(グリコシルトランスフェラーゼで検索)

栄養・生化学辞典の解説

グリコシルトランスフェラーゼ
 
 [EC2.4]に属する酵素グリコシル基転移酵素糖転移酵素ともいう.生体内でオリゴ糖や多糖などの合成に関与する.糖ヌクレオチドから糖を受け取って,単糖やタンパク質の中のセリントレオニンなどに糖を転移する反応触媒する.


Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のグリコシルトランスフェラーゼの言及

【炭水化物】より
…分解酵素はほとんどの場合加水分解酵素であり,これらはグリコシダーゼglycosidaseと総称されている。合成酵素は糖転移酵素(グリコシルトランスフェラーゼglycosyltransferase)と総称され,糖の活性化型である糖ヌクレオチドから単糖単位を移して糖鎖をのばす働きをする。糖ヌクレオチドを生合成するためには,ATPのエネルギーを使用せねばならず,多糖の生合成はかなりのエネルギーを消費する反応である。…
【糖タンパク質(糖蛋白質)】より
O‐グリコシド型の糖鎖は,ガラクトース,N‐アセチルガラクトサミン,N‐アセチルグルコサミン,シアル酸,フコースなどを含むが,マンノースを含まない。
[糖タンパク質の生合成]
 この複雑な構造の糖鎖は,基本的には糖の活性化型である糖ヌクレオチド類から特異的な糖転移酵素(グリコシルトランスフェラーゼ)によって,一つずつ糖が付加されていくことによって構築されていく。図2に示したように,N‐グリコシド型糖鎖の場合には,マンノースとN‐アセチルグルコサミンからなる中核構造は,一度ドリコールリン酸と結合した形で作りあげられ(ドリコールは16~20個のイソプレノイドよりなる長鎖アルコール),さらにその外側にグルコースを結合した中間体となっている。…
※「グリコシルトランスフェラーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グリコシルトランスフェラーゼに近い言葉→グルコシルトランスフェラーゼ|ADPリボシルトランスフェラーゼ|ガラクトシルトランスフェラーゼ|カルニチンアシルトランスフェラーゼ|リゾレシチンアシルトランスフェラーゼ|ホスファチジルコリンアシルトランスフェラーゼ|コバラミンアデノシルトランスフェラーゼ|コレステロールアシルトランスフェラーゼ|アシルCoAコレステロールアシルトランスフェラーゼ|グリコールアルデヒドトランスフェラーゼ

グリコシルトランスフェラーゼの関連情報

ショッピング検索

「グリコシルトランスフェラーゼ」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月29日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ