Yahoo!辞書

kotobank > コークス炉ガスとは

 

コークス炉ガス 【コークスろガス】

  • 1件の用語解説(コークス炉ガスで検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コークスろガス【コークス炉ガス coke oven gas】 

略称COG。石炭をコークス炉で乾留したときに得られるガス。その発生量は石炭1t当り約300~400m3である。発熱量はおよそ5000kcal/m3で,その主要成分水素50~54%(容量以下同様),メタン30~33%,一酸化炭素6~8%,エチレンなどの炭化水素2~4%などである。コークス炉ガスの一部はコークス炉用燃料として用いられるが,製鉄所ではその所内燃料として,ガス工場では都市ガスに,また化学工場では化学原料として用いられる。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コークス炉ガスに近い言葉→ガスコークス|発生炉ガス|ガス炉|高温ガス炉|石油コークス|日本コークス工業|ニ連バーナー型ガス炉 (double-fired gas forge)|コークス|コークスクリュー|コーンフレークス

コークス炉ガスの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「コークス炉ガス」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月16日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ