Yahoo!辞書

kotobank > ホジキン‐ハクスレイの式とは

 

ホジキン‐ハクスレイの式

  • 1件の用語解説(ホジキン‐ハクスレイの式で検索)

法則の辞典の解説

ホジキン‐ハクスレイの式 【Hodgkin-Huxley's equation】
 
イオンに対するコンダクタンスを,電圧時間関数として表し,それによって活動電位を表現する式.

イカの巨大軸索を対象として,ホジキン(A. L. Hodgkin)とハクスレイ(A. F. Huxley)が,固定電位法によって膜電流ナトリウム電流とカリウム電流とに分けて測定し,その結果を数式化したことに始まる.


Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホジキン‐ハクスレイの式に近い言葉→ホールデイン‐ハクスレイの法則|ゴールドマン‐ホジキン‐カッツの式|ホジキン病|ホジキン|非ホジキンリンパ腫|フルムキン‐チョムキンの式|ランジュヴァン‐デバイの式|ヘンダーソン‐ハッセルバルクの式

ホジキン‐ハクスレイの式の関連情報

ショッピング検索

「ホジキン‐ハクスレイの式」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月21日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ