Yahoo!辞書

kotobank > ホワイトカラー犯罪とは

 

ホワイトカラー犯罪 【ホワイトカラーはんざい】

  • 1件の用語解説(ホワイトカラー犯罪で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホワイトカラーはんざい【ホワイトカラー犯罪 white collar crime】 

企業経営陣・管理職など,高い政治的・経済地位を有し,社会の上層部に位置する人々によって行われる犯罪を指す。職務上の地位を利用してその職務の過程において行われる横領背任や,脱税贈収賄インサイダー取引独占禁止法違反,経済法規違反,消費者詐欺環境汚染などその例である。 アメリカの犯罪社会学者E.H.サザランド(1883‐1950)は,従来貧困者や性格異常者など,社会から脱落した人々が犯罪を生むとする犯罪者観に対し,ホワイトカラーと称される社会的に信望を有する高い地位にある階層の者が,その職務の過程において,社会的に大きな害悪をもたらす逸脱行為を行っている事実明らかにして,犯罪者観の修正を説いた。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホワイトカラー犯罪に近い言葉→ホワイトカラー|ホワイトカラー・エグゼンプション|ホワイトカラーエグゼンプション|ホワイトカラー・エグゼンプション(WE)と裁量労働制|ホワイトタカラ 果実酒の季節|ラージホワイト|ホワイトナックラー|ホワイト山地|24ビットカラー|32ビットカラー

ホワイトカラー犯罪の関連情報

ショッピング検索

「ホワイトカラー犯罪」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月19日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ