Yahoo!辞書

kotobank > 三つ巴とは

 

三つ巴 【ミツドモエ】

  • 2件の用語解説(三つ巴で検索)

デジタル大辞泉の解説

みつ‐どもえ 〔‐どもヱ〕 【三つ×巴】
 
三つのものが互いに対立して入り乱れること。「―になって争う」
三人が向かい合って座ること。三つ鼎(がなえ)
紋所文様の名。巴を三つ組み合わせて円形にしたもの。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みつどもえ【三つ巴】
 
巴紋の一。三つの巴を同じ方向に並べて円形にしたもの。 →
勢力がほぼ同等の三者が入り乱れて争うこと。 「 -の乱戦」


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三つ巴の言及

【巴文】より
…鎌倉時代以後は武家の間でこの紋を用いるものが多く,江戸時代に入っては300以上に及んだという。紋の種類としても数の多いほうで,いわゆる〈二つ巴〉〈三つ巴〉というような原形的なものから,これが種々に組み合わされた〈組み巴〉〈違い巴〉などがあり,70種以上に及ぶ。【山辺 知行】。…
※「三つ巴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三つ巴に近い言葉→二つ巴|眉間尺|三つ叉|三つの道|三つ子|三つ布団|三つ割|三つ組|三つ足|三つ

三つ巴の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「三つ巴」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月03日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ