Yahoo!辞書

kotobank > 余熱とは

 

余熱 【ヨネツ】

  • 2件の用語解説(余熱で検索)

デジタル大辞泉の解説

よ‐ねつ 【余熱】
 
さめないで残っている熱気。ほとぼり。「ボイラーの―を利用する」
残暑。「―いまだ尽きざるほどなれば、往還旅人多くたちよりて涼みあへり」〈東関紀行

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

よねつ【余熱】
 
さめずに残っている熱。 「アイロンの-を利用する」
暑い時期を過ぎても残っている暑気。残暑。 「 -いまだ尽きざるほどなれば/東関紀行」


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

余熱に近い言葉→熱り|高畠の余熱利用施設計画

余熱の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「余熱」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月17日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ