Yahoo!辞書

kotobank > 共とは

 

【トモ】

  • 8件の用語解説(共で検索)

デジタル大辞泉の解説

きょう 【共】
 
[音]キョウ(漢) [訓]とも
学習漢字]4年
〈キョウ〉
いっしょに。ともに。「共演共学共感共存共著共通共闘共同共有共和公共
共産主義共産党のこと。「反共防共容共
〈とも(ども)〉「共共共寝身共諸共(もろとも)
[名のり]たか

とも 【共】
 
同じであること。同一。「コートと―のドレス」「―の生地
一緒。また、同時。「起居を―にした仲」

名詞の上に付いて、一対のものが同類である、また、同じ性質であるという意を表す。「―働き」「―切れ」「―蓋(ぶた)
名詞の下に付いて、それが一緒に込められている意を表す。「送料―一〇〇〇円」「付録―五〇〇円」
複数を表す名詞に付いて、それが全部同じ状態であることを表す。「二人―学生だった」「男女―若かった」→共に

ども 【共】
 
[接尾]
一人称代名詞、または自分身内を表す名詞に付いて、謙譲の気持ちを表す。「私―と致しましては」
人を表す名詞に付いて、複数であることを表す。「若い者―が手伝いに来た」
人を表す名詞に付いて、相手への呼びかけに用いる。「嫗―、いざたまへ」〈大和・一五六〉
(たち)用法

ぐち 【共】
 
[接尾]《近世上方語》名詞に付いて、…とともに、…ごと、などの意を表す。「台子(だいす)の湯もたぎってあろ。釜―そっと取ってこい」〈浄・手習鑑

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とも【共】
 
主となるものと同一あるいは同類のものであること。 「スーツと-のベルト」
名詞の上に付いて,
主となるものと同一である,または同類であるなどの意を表す。 「 -糸」 「 -襟」 「 -切れ」 「 -柄(つか)」 「鮎(あゆ)の-和(あ)え」
一緒に…する,互いに…し合う,などの意を表す。 「 -稼ぎ」 「 -食い」 「 -住み」 「 -倒れ」 「 -寝」
複数のものを表す名詞の下に付いて,それらが全部同じ状態であることを表す。 「五人-合格」 「二人-猫好き」
従となるものを表す名詞の下に付いて,それが主となる部分に含まれていることを表す。 「荷造り料-千円」 「通用期間は発売日-七日」 → ともに(共)


ども【共】
 
( 接尾 )
名詞に付いて,そのものが二つ以上であることを表す。 「者-進め」 「犬-」 「こまごましたこと-」 〔人を表す場合,現代語では「たち」にくらべて敬意が低く,目下の者や見下した意味合いに用いられる。「野郎-」「若造-」〕
一人称の代名詞に付いて,謙譲の意を添える。 「わたくし-の責任です」 「てまえ-の店では扱っておりません」
人を表す名詞に付いて,相手への呼び掛けに用いる。 「嫗-,いざたまへ/大和 156」


どち【共】
 
夫婦・親族・友人など,互いに親しい間柄の人たち。同士。仲間。 「千代の-とぞ思ふべらなる/土左」
名詞の下に付いて接尾語的に用い,互いに同類のもの,同じ仲間であることを表す。 「女-は,もの恐ろしかりぬべかりつる夜のさまなれば/源氏 野分」


ごと【共】
 
( 接尾 )
名詞に付いて,そのものもいっしょにの意を表す。ぐるみ。 「財布-落とす」 「りんごを皮-食べる」


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共に近い言葉→与・共||響・鄕・享・京・供・侠・俠・僑・兄・兇・共・凶・匡・協・卿・叫・喬・境・夾・嬌・峡・峽・強・怯・恐・恭・拱・挟・挾・教・杏・梟・橋・況・狂・狭・狹・矜・矯・竟・競・経・胸・脅・脇・興・跫・郷・鋏・鏡・響・頬・頰・饗・香・驕・驚

共の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「共」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 10月01日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ