Yahoo!辞書

kotobank > 卑属とは

 

卑属 【ひぞく】

  • 4件の用語解説(卑属で検索)

大辞林 第三版の解説

ひぞく【卑属】
 
親等の上で,基準となる人よりあとの世代の血族。子・孫・曽孫(ひまご)など直系卑属と,甥(おい)・姪(めい)など傍系卑属に分けられる。 ↔ 尊属


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卑属
ひぞく

世代親族尊属に対するもの。子,孫などの直系卑属と甥,姪などの傍系卑属とに分れる。血族たる直系卑属は血族法定相続人では第1順位の相続人である (直系卑属内では世代の前後による。民法 887) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

卑属 【ひぞく】

ある人を基準として,血縁関係においてその者に後続する世代にある者。尊属に対する語。子,孫などの直系卑属と甥(おい),姪(めい)などの傍系卑属とがあり,民法は前者につき相続に関する規定を置く。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

ひ‐ぞく 【卑属】
 
ある人を基準として、親族関係においてあとの世代にある血族。子・孫などの直系卑属と、甥(おい)・姪(めい)などの傍系卑属とに分ける。⇔尊属

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の卑属の言及

【尊属・卑属】より
…たとえば父母・祖父母などを直系尊属,おじ・おばなどを傍系尊属という。卑属とは自分より後の世代に属する直系および傍系の血族である。たとえば,子・孫などを直系卑属,おい・めいなどを傍系卑属という。…
※「卑属」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

卑属に近い言葉→卑属親|傍系卑属|直系卑属|尊属・卑属

卑属の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「卑属」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月01日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ