Yahoo!辞書

kotobank > 嗚呼∥烏滸とは

 

嗚呼∥烏滸 【おこ】

  • 1件の用語解説(嗚呼∥烏滸で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おこ【嗚呼∥烏滸】 

滸,尾籠などとも漢字をあてる。古くはヲコ,ウコとも。単純にいえば,おろか,愚鈍意味だが,人を笑わせようとするような行為や,常軌を逸した行為などをもさす,多義的な語で,日本における道化精神をさぐるのにきわめて重要な語といえる。語源はヲカシと同根かともされるが未詳記紀歌謡に〈我が心しぞ いやをこにして 今ぞくやしき〉とあるのが古い用例《三代実録》元慶4年(880)7月29日の条に〈右近衛内蔵冨継,長尾米継,伎に散楽を善くし,人をして大咲(笑)せしむ,いはゆる滸人これに近し〉とあって,散楽を演ずる人物がオコな人間と考えられていたことがわかる。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

嗚呼∥烏滸に近い言葉→嗚呼|痴絵||痴付く|痴めく|痴がましい

嗚呼∥烏滸の関連情報

ショッピング検索

「嗚呼∥烏滸」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月27日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ