Yahoo!辞書

kotobank > 国連南スーダン派遣団とは

 

国連南スーダン派遣団 【こくれんみなみすーだんはけんだん】

  • 1件の用語解説(国連南スーダン派遣団で検索)

知恵蔵2014の解説

アフリカの新生国、南スーダン共和国の「国づくり」を支援する国連の派遣部隊。2011年7月、南スーダンスーダンからの分離・独立を果たすと、国連は直後の総会で同国の加盟を承認した。独立に合わせ、安全保障理事会が国連南スーダン派遣団(UNMISS)の設立・派遣を決定している。
国連は、スーダン内戦終結させた05年の「南北包括和平合意(CPA)」調印直後から、国連スーダン派遣団(UNMIS)を派遣し、停戦監視や治安維持を柱に暫定自治政府を支援してきた。日本もUNMIS司令部に自衛官2人を派遣していた。正式な独立国家成立によってUNMISは役割を終え、新たにUNMISSが、道路や橋、空港の補修・建設など、立ち遅れているインフラ整備を中心とする支援活動に当たることになった。
UNMISSの活動には、治安部門改革警察能力強化、法整備や司法制度支援などが含まれており、約7000人のPKO(平和維持活動)部隊に加え、文民約900人も派遣される予定である。だが、反政府組織のテロ活動や民族間の対立紛争が絶えず、また長期内戦拡散した武器回収も進んでいない。このため国連は、UNMISSに一定武力行使も認めている。
国連から参加要請を受けた日本政府も、PKO協力法が定める自衛隊の参加基準「PKO5原則」の見直し(法改正による緩和)を前提に、陸上自衛隊約300人の派遣を決めた。12年2月には、第1次主力部隊が現地入りしている。
( 大迫秀樹  フリー編集者 )

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2012」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国連南スーダン派遣団に近い言葉→スーダン内戦と国連スーダン派遣団(UNMIS)|国連スーダン派遣団|南スーダン|南スーダン共和国|国連東ティモール統合派遣団|東スーダン諸語|ポート・スーダン|スーダン[地方]|スーダン|蘇丹

国連南スーダン派遣団の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「国連南スーダン派遣団」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月18日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ