Yahoo!辞書

kotobank > 堀部安兵衛とは

 

堀部安兵衛

  • 8件の用語解説(堀部安兵衛で検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

生年: 寛文10 (1670)
没年: 元禄16.2.4 (1703.3.20)
江戸中期,赤穂事件四十七士のひとり。名は武庸,通称安兵衛越後(新潟県)新発田溝口家の家臣中山弥次衛門の子。父の死後,浪人となり江戸に出て,高田馬場知人菅野氏の助太刀行い,堀部弥兵衛赤穂藩江戸留守居役300石,隠居料20石に注目される。これがきっかけで弥兵衛婿養子となり,江戸住の赤穂藩主浅野家家臣使番役200石となった。元禄14(1701)年の事件発生後の,大石良雄らとの往復書簡整理した『堀部武庸筆記』は,江戸と上方との動静を示して貴重史料であり,親交のあった儒者細井広沢に託された。安兵衛は武道において優れた才能を持ち,豪快性格であった。その妻と伝えられる妙海尼は,偽物である。
(松島榮一)


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀部安兵衛 ほりべ-やすべえ
 
1670-1703 江戸時代前期武士
寛文10年生まれ。赤穂(あこう)四十七士のひとり。越後(えちご)(新潟県)新発田(しばた)藩士の子。江戸で寄宿先の菅野六郎左衛門の高田馬場での決闘に助太刀して勇名をはせ,播磨(はりま)(兵庫県)赤穂藩士堀部弥兵衛の婿養子となる。吉良義央(きら-よしなか)邸討ち入りにくわわり,元禄(げんろく)16年2月4日松平邸で切腹。34歳。大石良雄らとの往復書簡をまとめた「堀部武庸(たけつね)筆記」がのこる。本姓は中山。名は武庸。

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほりべやすべえ【堀部安兵衛】  1670‐1703(寛文10‐元禄16)

赤穂浪士の一人。名は武庸(たけつね),安兵衛は通称。実父中山弥次衛門は越後新発田の溝口家に仕えていたが浪人。父の死後,武庸は江戸に出,舅菅野六左衛門が高田馬場で決闘したのを助け,仇数人を斬って中山安兵衛の勇名があがった。赤穂浅野家の家臣堀部弥兵衛金丸養子となり,赤穂事件では高田郡兵衛奥田孫太夫とともに江戸の急進派として知られる。大石良雄らとの往復書簡を編集して残した《堀部武庸筆記》は,浪士らの考え方や事件の経緯を正確に示す,赤穂事件の最も重要な史料である。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀部安兵衛
ほりべやすべえ

[生]寛文10(1670).越後
[没]元禄16(1703).2.4. 江戸
江戸時代中期の赤穂藩の馬廻,使番。赤穂義士の一人。本姓,中山。名は武庸 (たけやす) 。舅菅野六左衛門を高田馬場の決闘で助け,名をあげた。のち赤穂藩士堀部弥兵衛の養子となり,藩主浅野長矩の死後,大石良雄の同志として吉良家討入りに参加

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

堀部安兵衛 【ほりべやすべえ】

赤穂浪士の一人。名は武庸(たけつね)。実父中山弥次衛門は越後(えちご)新発田(しばた)藩溝口家に仕えていたが浪人となる。父の死後江戸に出て儒学や剣を学ぶうち,伯父・甥(おい)の義盟を結んだ菅野六左衛門が高田馬場(たかだのばば)で決闘したのを助太刀して勇名をあげ,望まれて赤穂藩士堀部弥兵衛の養子となった。 (1670-1703)
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ほりべやすべえ【堀部安兵衛】
 
(1670~1703) 赤穂浪士の一人。本姓中山。名は武庸。堀部弥兵衛金丸の養子。菅野六左衛門を助けた高田馬場の決闘で有名。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほりべ‐やすべえ 〔‐やすベヱ〕 【堀部安兵衛】
 
[1670~1703]赤穂義士の一人。本姓は中山。名は武庸(たけつね)高田馬場の決闘で武勇をあげ、赤穂藩士堀部弥兵衛の養子となった。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

堀部安兵衛
 
池波正太郎長編時代小説。1967年刊行
最終更新日:2013/05/07


(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の堀部安兵衛の言及

【忠臣蔵映画】より
…以後,東映,松竹,大映,東宝によるオールスター大作がつづき,78年には東映作品《赤穂城断絶》が,深作欣二監督,萬屋錦之介の大石内蔵助でつくられた。これらのほか,赤穂義士外伝ものは枚挙にいとまがないほどで,とりわけ堀部安兵衛を主人公にした作品が数多い。 また,変格ものとして,《忍術忠臣蔵》(1937),《女忠臣蔵》(1940),《浪曲忠臣蔵》(1943),《珍説忠臣蔵》(1953),《忍法忠臣蔵》(1965)などがあり,〈忠臣蔵〉を他の世界に置き換えた応用作品として,《俠客忠臣蔵》(1932),《学生忠臣蔵》(1933),《ジャズ忠臣蔵》(1937),《サラリーマン忠臣蔵》(1960),《長脇差忠臣蔵》(1962),《ギャング忠臣蔵》(1963),《わんわん忠臣蔵》(1963,動画)などがある。…
※「堀部安兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

堀部安兵衛に近い言葉→狐安兵衛|堀部弥兵衛|小林安兵衛|安兵衛|木村安兵衛|紅葉安兵衛|中山安兵衛|内山安兵衛|墓見|堀部

堀部安兵衛の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「堀部安兵衛」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月31日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ