Yahoo!辞書

kotobank > 大同江とは

 

大同江 【だいどうこう】

  • 6件の用語解説(大同江で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だいどうこう【大同江 Taedong‐gang】 

朝鮮半島北西部の川。狼林山脈主峰小白山に発し,途中馬灘江,沸流江,普通江,載寧江等大小支流を合して黄海へ注ぐ。長さ439kmで朝鮮第5位の川である。船舶の可航距離は260kmに及ぶ。1866年,河口から140km地点にある平壌近くまで侵入したアメリカ商船シャーマン号が撃沈される事件が起きた(洋擾(ようじよう))。流域面積は1万6673km2に達し,上流山岳地帯森林資源や金,亜鉛等の鉱物資源に富み,楽浪準平原の名で総称される中・下流域は平壌平野,載寧平野等の平野に恵まれ,肥沃農業地帯となっている。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

百科事典マイペディアの解説

大同江 【だいどうこう】

朝鮮民主主義人民共和国西部大河。狼林山脈と妙高山脈の間に発源し,平安南道の北東部から南西へ楽浪準平原を流れて黄海に注ぐ。全長439km,おもな支流は沸流江,南江,載寧江。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。
インタレストマッチ - 広告の掲載について


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

インタレストマッチ - 広告の掲載について

デジタル大辞泉の解説

だいどう‐こう 〔‐カウ〕 【大同江】
 
朝鮮民主主義人民共和国の狼林山脈に源を発し、平壌(ピョンヤン)を経て黄海に注ぐ川。全長431キロ。テドンガン。

テドン‐ガン 【大同江】
 
⇒だいどうこう(大同江)

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

テドンガン【大同江】
 
朝鮮民主主義人民共和国の中南部を流れる川。狼林(ナンニム)山脈に源を発し,南西流してピョンヤンを経て黄海に注ぐ。長さ431キロメートル。だいどうこう。


だいどうこう【大同江】
 
⇒ テドン-ガン


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大同江に近い言葉→大同|大同小異|大同団結|対仏大同盟|大同団結運動|大同法|大同書|大同思想|大同信号|大同俱楽部

大同江の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「大同江」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月19日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ