Yahoo!辞書

kotobank > 太陽炉とは

 

太陽炉 【たいようろ】

  • 4件の用語解説(太陽炉で検索)

百科事典マイペディアの解説

太陽炉 【たいようろ】

太陽光を大きな放物面鏡や多数の鏡で集めて高温を得る装置。3000~3500℃の温度短時間で得られ,また加熱雰囲気制御容易で,不純物の混入恐れのないことなどの利点があり,高温での物性化学反応,高温材料などの研究に利用される。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太陽炉
たいようろ
solar furnace

太陽の光を放物面反射鏡やレンズ,平面鏡などの光学系で局所集中させて,短時間に超高温をつくり出す装置。太陽炉では割合簡単に 3000℃程度の高温が得られる。集熱方式には,集光式と非集光式がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいよう‐ろ 〔タイヤウ‐〕 【太陽炉】
 
太陽光をレンズや反射鏡で集中し、高熱を得る装置。数千度の高温を発生することができ、発電調理などに利用される。また、オリンピック聖火ギリシャオリンピアで太陽炉を用いて採火される。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たいようろ【太陽炉】
 
太陽光を放物面鏡で集光し,容易に摂氏3000~4000度の高温を得る装置。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太陽炉に近い言葉→太陽灯・太陽燈|太陽灯|太陽|太陽光発電と太陽熱発電|人工太陽灯|太陽電池|THE GREY/凍える太陽|太陽時|太陽儀|視太陽

太陽炉の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「太陽炉」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月29日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ