Yahoo!辞書

kotobank > 奈良・那羅・平城・寧楽とは

 

奈良・那羅・平城・寧楽 【なら】

  • 1件の用語解説(奈良・那羅・平城・寧楽で検索)

大辞林 第三版の解説

なら【奈良・那羅・平城・寧楽】
 
近畿地方中部の内陸県。かつての大和国全域を占める。北部には奈良盆地があり,盆地の東には笠置山地,西には生駒・金剛山地がある。南部は紀伊山地となる。県庁所在地,奈良市。
奈良県北部にある市。県庁所在地。710年平城京が置かれ,784年まで75年間日本の首都として栄えた。以来,北都(京都)に対して南都と呼ばれ,東大寺・興福寺・春日大社の門前町として発達。天平文化に代表される多くの文化遺産を残す。 〔古くは,「那羅」「平城」「寧楽」とも書かれた〕


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈良・那羅・平城・寧楽に近い言葉→奈良京|奈良坂|平城|那羅延|緊那羅|那羅延金剛|寧楽遺文|平城宮|平城京|平城遷都1300年祭

奈良・那羅・平城・寧楽の関連情報

ショッピング検索

「奈良・那羅・平城・寧楽」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月24日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ