Yahoo!辞書

kotobank > 子どもの運動器の病気を見つける手がかりとは

 

子どもの運動器の病気を見つける手がかり 【こどものうんどうきのびょうきをみつけるてがかり】

  • 1件の用語解説(子どもの運動器の病気を見つける手がかりで検索)

家庭医学館の解説

こどものうんどうきのびょうきをみつけるてがかり【子どもの運動器の病気を見つける手がかり】
 
筋性斜頸(きんせいしゃけい)(「筋性斜頸」)
 生後1週間目くらいに、くびの片側の筋肉に指先ほどの大きさのしこりができて、顔をしこりと反対側に向け、くびをしこりのほうに傾ける。
野球肘(やきゅうひじ)(「子どもの野球肘」)
 肘を動かしたり、肘の内側や外側を押すと痛む。肘が腫(は)れたり、完全に伸ばしたりできない。とくに投球動作で痛む。
外反肘(がいはんちゅう)(「外反肘」)
 腕をまっすぐに伸ばしたとき、腕が親指側(外側)に弯曲(わんきょく)する。肘の骨折(外顆骨折(がいかこっせつ))の後遺症
内反肘(ないはんちゅう)(「内反肘」)
 腕をまっすぐに伸ばしたとき、腕が小指側(内側)に弯曲する。肘の骨折(顆上(かじょう)骨折、通顆(つうか)骨折)の後遺症。
肘内障(ちゅうないしょう)(「肘内障」)
 急に幼児の手を強く引っ張ったときに、突然痛がって泣きだし、腕をだらりと下げて動かさず、腕を上げさせると泣く。
鳩胸(はとむね)(「鳩胸」)
 胸の中央にある平たい胸骨(きょうこつ)が、ハトの胸のように前方にでっぱっている。肋軟骨(ろくなんこつ)が異常に長すぎるか、くる病(「くる病(子どもの骨軟化症)」)など骨の発育障害でおこる。
漏斗胸(ろうときょう)(「漏斗胸」)
 胸骨の中央部が縦にへこんでいる。ひどいときは、へこんだ胸骨が心臓や肺を圧迫し、心臓が横に押しだされたり、肺活量が減ったりする。
単純性股関節炎(たんじゅんせいこかんせつえん)(「単純性股関節炎」)
 5~8歳の子どもで、突然に股関節の痛みがおこる。関節を動かすと、とくに痛がる。痛みのために脚(あし)を引きずる(跛行(はこう))。超音波検査エコー)で、関節内に水がたまっているのがみられることがある。
O脚(オーきゃく)(「O脚」)
 両足首をつけて立ったときに、両膝の間が開いてO型に見える。両膝の間におとなの指が3本以上入る。2歳をすぎてもO脚が強いときは要注意。内股(うちまた)歩き(内旋歩行(ないせんほこう))で、転びやすかったり、疲れやすかったりする。
X脚(エックスきゃく)(「X脚」)
 膝(ひざ)をそろえて立ったときに、両足のくるぶしの間が開いてX型に見える。両足のくるぶしの間が、指5本分以上開いている。7歳以上になってX脚があるときは精密検査を。全身の関節がやわらかく(関節弛緩(かんせつしかん))、立ったときに膝がうしろのほうにそり返る(反張膝(はんちょうしつ))。
成長痛(せいちょうつう)(「成長痛」)
 2~6歳の子どもで、夜、寝ていて脚が痛いといって泣く。痛みは長く続かず、さすってやったり、だっこしたりすると治る。翌日は何事もなく、跳びはねている。
扁平足(へんぺいそく)(「扁平足」)
 立ったとき、足の内側のアーチ土踏まず)が下がり、うしろから見ると、かかとが、ふくらはぎに対して外にそっている(外反)。足の前方は、かかとに対し外に向く(外転)。寝た姿勢では正常にもどり、アーチがみられる。転びやすく、夜間、脚の痛みを訴えることがある。
子どもの膝内障(しつないしょう)(「子どもの膝内障」)
 円板状半月板は、膝の屈伸時に負担が強くかかり、しわがよって傷がつくことがある。そのときは、膝が痛み、屈伸しにくく、膝に音がする。
先天性股関節脱臼(せんてんせいこかんせつだっきゅう)(「先天性股関節脱臼」)
 生まれて1週間以内赤ちゃん新生児)は、股を大きく外に開いたときに、コクッという音がする(クリックサイン)。生後3か月以後で股関節の開き方が悪い(開排制限)、脚の長さがちがう、太ももの内側のしわが左右対称でない、脚の動きがおかしいなどといった症状があるとき、精密検査を。
ペルテス病(「ペルテス病」)
 脚を引きずって歩き(跛行)、股関節や膝が痛い。股関節の動きが悪い。3~8歳の活発な小がらな男の子に多い。
大腿骨頭(だいたいこっとう)すべり症(しょう)(「大腿骨頭すべり症」)
 激しい運動後に、突然、強い股関節の痛みがおこって歩けなくなる場合と、徐々に股関節の痛みが強くなって、脚を引きずって歩く場合がある。ぼてっとした肥満型の男の子に多い。
オスグッド・シュラッター病(「オスグッド・シュラッター病」)
 膝のすぐ下の、張りだした骨が腫れて痛む。押すと痛い。膝を強く曲げるときや、抵抗にさからって膝を伸ばすときに、痛みが強くなる。
第1、第2ケーラー病(「第1ケーラー病/第2ケーラー病」)
 第1ケーラー病は足の甲に、第2ケーラー病は足の第2指のつけ根に、腫れと痛み。痛みのために歩行がしにくい。
踵骨骨端炎(しょうこつこったんえん)(「踵骨骨端炎」)
 かかとが痛く、押さえるとさらに強く痛む。階段上がったり、走ると痛みが強くなる。


(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

子どもの運動器の病気を見つける手がかりに近い言葉→子どもの権利条約|気を付ける|子どもの村|子どもの権利擁護委員会|子どもの貧困率|子どもの戦争被害|子どもの医療費助成|子どもの医療費無料化|国連子どもの権利条約|品質の手がかりとしての価格

子どもの運動器の病気を見つける手がかりの関連情報

ショッピング検索

「子どもの運動器の病気を見つける手がかり」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 10月03日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ