Yahoo!辞書

kotobank > 工業簿記とは

 

工業簿記 【こうぎょうぼき】

  • 4件の用語解説(工業簿記で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうぎょうぼき【工業簿記】 

企業の会計は複式簿記により行われるが,企業の業種により簿記内容が異なる。工業簿記は,工企業に適用される複式簿記であり,銀行簿記農業簿記などとともに応用簿記の一種である。商業を営む企業では,商品を仕入れて販売する。つまり購買活動と販売活動がおもな業務活動である。これに対し工業を営む企業では,材料,労働力,機械設備電力など種々の財貨用役購入し,これらを消費して製品製造し販売する。したがって工企業は,購買活動と販売活動のほかに,商企業にはない経営内部で行われる生産活動という内部活動をもつ。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

工業簿記
こうぎょうぼき
manufacturing bookkeeping

製造業の会計処理に適用される複式簿記のこと。製造業では営業活動 (仕入活動と販売活動) と経営活動 (生産活動) とがあり,営業活動に関する会計処理はいわゆる商業簿記でこと足りるが,経営活動に関する会計処理は工場内の各部門で製品を生産するために生産活動を行なって消費した材料費,労務費および経費をさらに製品別に集計する原価計算から情報を得ないかぎり合理的な処理は不可能である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうぎょうぼき【工業簿記】
 
製造工業での会計処理に適用される応用簿記。原料の仕入れから加工,製品の販売に至るまでの会計を扱う。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうぎょう‐ぼき 〔コウゲフ‐〕 【工業簿記】
 
工業を営む企業に適用される簿記。購買・販売および財務に関する外部取引対象とするほか、製造過程に関する内部取引をも記録計算する。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

工業簿記に近い言葉→商的工業簿記|完全工業簿記|不完全工業簿記|商業簿記|企業簿記|簿記|簿記学|簿記方|銀行簿記|収支簿記

工業簿記の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「工業簿記」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月24日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ