Yahoo!辞書

kotobank > 引き合い・引合いとは

 

引き合い・引合い 【ひきあい】

  • 1件の用語解説(引き合い・引合いで検索)

大辞林 第三版の解説

ひきあい【引き合い・引合い】
 
比較や参考とするため例に引くこと。また,そのもの。 「前例を-に出す」
証人や参考人として法廷に召喚されること。また,その人。 「家に賊が入つた-で,他日彼が法廷へ呼び出されたとき/思ひ出す事など 漱石」
売買注文。また,売買条件の問い合わせ。 「新製品の-が殺到する」
仲をとりもつこと。ひきあわせ。 「先生からの御-で無ければ/花間鶯 鉄腸」
まきぞえ。 「然し-は喰ひはしませぬかな/歌舞伎・敵討噂古市」


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

引き合い・引合いに近い言葉→引合い|相引き・合い引き・相引・合引き・合引|行き合い神・行合い神|付合い|牛の角突き合い・牛の角突合い|叩き合い|向き合い|引合す|引合せ|引合う

引き合い・引合いの関連情報

ショッピング検索

「引き合い・引合い」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月25日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ