Yahoo!辞書

kotobank > 彼方とは

 

彼方 【アナタ】

  • 9件の用語解説(彼方で検索)

デジタル大辞泉の解説

あ‐な‐た 【方】
 
[代]
遠称指示代名詞
離れた場所方向などをさす。向こう。あちら。「山の―の空遠く」〈上田敏訳・海潮音・山のあなた〉「北の障子の―に人の気配するを」〈・帚木〉
以前。昔。「昨日今日とおぼすほどに、三年(みとせ)の―にもなりにける世かな」〈朝顔
三人称の人代名詞対等または上位者に用いる。あちらのかた。あのかた。「―にも語らひのたまひければ」〈・藤裏葉〉
1から2を経て、近世中期に上位者に用いる二人称人代名詞「あなた(貴方)」の用法が生まれた。

あち‐ら 【方】
 
[代]
遠称の指示代名詞。話し手・聞き手から離れた方向・場所・物をさす。
あの方向。むこう。「皆さま、―をごらんください」「―からだれか来る」
遠く離れた場所。外国、特に、欧米諸国。「―には五年ほどおりました」「―仕込み流暢(りゅうちょう)英語
あの物。あれ。「それとも―になさいますか」
三人称の人代名詞。あの人。あのかた。「―の御都合を伺ってから決めます」「―がお父さまですか」

か‐な‐た 【方】
 
[代]遠称の指示代名詞。
話し手・聞き手の双方から離れた場所・方向をさす。また、現在から遠く離れた過去未来を示す。あちら。あっち。「―の山」「忘却の―」
ある物に隔てられて見えない場所・側などをさす。向こうがわ。「山の―」「海の―の国」

あ‐ち 【方】
 
[代]遠称の指示代名詞。あっち。あちら。「畠主、―へまはり、こちへまはりして」〈虎明狂・竹の子

あっ‐ち 【方】
 
[代]《「あち」の音変化》遠称の指示代名詞。「あちら」よりもくだけた感じの語。「―を見てごらん」

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あちら【彼方】
 
( 代 )
遠称の指示代名詞。「あっち」より丁寧な言い方。
あの方角。むこう。 「北は-です」 「 -に見えますお城が姫路城です」
あそこにある物。 「こちらよりは-の方がお似合いかと存じます」
あの場所。遠く離れた所,特に,外国・欧米をいう。 「 -じこみのスタイル」 「 -風のもてなし方」
三人称。「あの人」「あの人々」「あの家」などを軽く敬っていう語。 「 -(さま)はどなたさまですか」 「 -からの御申しこみ」


あっち【彼方】
 
( 代 )
〔「あち」の転〕
遠称の指示代名詞。「あちら① 」のくだけた言い方。 「 -へ行け」 「 -の方がいい」
三人称。「あちら② 」のくだけた言い方。 「 -の言い分ももっともだ」


かなた【彼方】
 
( 代 )
遠称の指示代名詞。
あるものを越して,話し手から遠く離れた先の方,またはその場所をさす。むこう。あなた。 「海の-の国」 「二万光年の-の星」
現在から遠く隔たった過去および未来をさす。 「歴史の-」


あち【彼方】
 
( 代 )
遠称の指示代名詞。あちら。あっち。 「こち押し,-押し/宇治拾遺 11」


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

彼方に近い言葉→遠・彼方|彼方織り・彼方織|彼方方|恩讐の彼方に・恩讎の彼方に|貴方・彼方・貴女・貴男|彼方者|彼方様|彼方面|遠近・彼方此方|物の彼方

彼方の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「彼方」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月19日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ