Yahoo!辞書

kotobank > 従者とは

 

従者 【ズサ】

  • 6件の用語解説(従者で検索)

デジタル大辞泉の解説

ず‐さ 【者】
 
「じゅうしゃ」の直音表記。「―共よびて、尾のかたを引きあげさせ」〈宇治拾遺・一四〉

じゅう‐しゃ 【従者】
 
主人の供をする者。供の者。供人。ずさ。じゅしゃ。

じゅ‐しゃ 【従者】
 
⇒じゅうしゃ(従者)

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゅしゃ【従者】
 
「 じゅうしゃ(従者) 」に同じ。


ずさ【従者】
 
「じゅしゃ」の直音表記。 「ありがたきもの…主そしらぬ-/枕草子 75」


じゅうしゃ【従者】
 
主人のともをする人。おとも。ともびと。じゅしゃ。ずさ。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の従者の言及

【中間】より
…平安時代に現れ(《古今著聞集》),武家社会を通じてひろくみられた。従者のうちの下で雑色(ぞうしき)(小者)の上,つまり両者の中間に位置するところから,この名があるともいわれるが(《四季草》《貞丈雑記》),侍,雑色,中間の順に記す例もみられる(《北条重時家訓》)。鎌倉・室町期の武家の中間は〈主人の弓・箭・剣等を持ちて御供に候し,また警護等のことをつとむ〉(《相京職鈔》)とか,〈折烏帽子に小結して,直衣に大帷をかさね,袴に大口をかさねて著るが中間〉とされ(《玉勝間》ほか),御中間といわれて領主の強制執行などの使者もつとめた。…
【奉公人】より
…平安時代後期以来,武士の封建的主従関係は,主人の従者に対する所領給与=〈御恩〉と,従者の主人に対する軍事的勤務=〈奉公〉という関係によって成立していたが,本来奉公人とは,武士のこの主従関係における従者をさし,主君に対する家臣の意味である。奉公人という称呼は,中世では上位の従者,家臣をさすものとして用いられるのが一般的であった。…
※「従者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

従者に近い言葉→組合専従者|専従者控除|農業専従者|準農業専従者|事業専従者|青色事業専従者|白色事業専従者

従者の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「従者」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月03日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ