Yahoo!辞書

kotobank > 情報公開制度とは

 

情報公開制度 【じょうほうこうかいせいど】

  • 2件の用語解説(情報公開制度で検索)

百科事典マイペディアの解説

情報公開制度 【じょうほうこうかいせいど】

知る権利は,一般的・抽象的なものであるから,各人にどのような内容権利を保障するかは,法律などにより具体的に規定されなければならない,としてつくられた制度が情報公開制度である。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

じょうほうこうかいせいど【情報公開制度】
 
行政機関の保有する情報を開示請求する権利を国民に認める制度。日本では,一部の地方自治体で条例等により実施が先行され,1999年(平成11)中央行政を対象とした情報公開法が制定された。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報公開制度に近い言葉→情報公開|情報公開条例|出願公開制度|県情報公開審査会|政治家の所得や資産公開制度|資産公開制度|情報公開法|性犯罪者情報公開法|生産情報公表JAS規格|生産情報公表JASマーク

情報公開制度の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「情報公開制度」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月22日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ