Yahoo!辞書

kotobank > 新開寛山とは

 

新開寛山 【しんかいかんざん】

  • 2件の用語解説(新開寛山で検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新開寛山 しんかい-かんざん
 
1912- 昭和-平成時代陶芸家。
明治45年4月21日生まれ。昭和7年から5代清水(きよみず)六兵衛に師事象眼や釘(くぎ)彫りなど多彩技法駆使し,独自作風確立した。49年「群韻花瓶」で日展文部大臣賞,55年「玄鳥」で芸術院賞。56年日展理事,平成4年同参事。京都出身。京都市立美術工芸学校卒。本名は邦太郎。

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美術人名辞典の解説

陶芸家。明治45年(1912)京都生。美術院賞。日展参事


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新開寛山に近い言葉→静岡県磐田市新開|愛知県津島市新開|鳥取県米子市新開|新開地|佐賀県杵島郡白石町新開|埼玉県さいたま市桜区新開|香川県綾歌郡宇多津町新開|福岡県北九州市門司区新開|山形県山形市新開|熊本県宇土市新開町

新開寛山の関連情報

ショッピング検索

「新開寛山」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月22日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ