Yahoo!辞書

kotobank > 最敬礼とは

 

最敬礼 【さいけいれい】

  • 3件の用語解説(最敬礼で検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

最敬礼とは、最も丁寧な深いお辞儀のことをいう。神前での儀式高貴な方に対する礼に用いる。 ビジネスマナーでは、3段階あるお辞儀の仕方のうち最も深いお辞儀で、お詫びをするとき、深い感謝を表すとき、重要なお客さまをお見送りするときなどに用いる。角度は45度が目安とされ、背筋を伸ばして腰から上体を深く折り曲げ、真下よりやや前方視線を落とすのが基本とされている。


Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さい‐けいれい 【最敬礼】
 
[名](スル)
最も丁寧な敬礼。手の先をひざまで下げ、からだを深く前方に曲げるもの。もと天皇神霊などに対する礼式として定められていた。
他人の行為に対して深い敬意を払うこと。「彼の努力には―するしかない」

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さいけいれい【最敬礼】
 
( 名 ) スル
最も丁重な,最上の敬礼。 「深々と-する」 〔もと,神や天皇だけに行なった礼。直立不動で腰から前に体を折り,手は膝まで下げる〕


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最敬礼に近い言葉→敬礼

最敬礼の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「最敬礼」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月15日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ