Yahoo!辞書

kotobank > 樺とは

 

【カニワ】

  • 6件の用語解説(樺で検索)

デジタル大辞泉の解説

かば 【×樺】
 
カバノキおよび近縁種の総称。特に、シラカバをさす。《 花=春》
(かば)2」に同じ。

かにわ 〔かには〕 【×樺/桜皮】
 
シラカバの古名か。この木の皮を刀や弓の柄に巻いたり、舟や器物に巻いたという。「―巻き作れる舟に」〈・九四二〉

かんば 【×樺】
 
《「かには」の音変化》「かば(樺)」に同じ。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かば【樺】
 
カバノキ科の植物の総称。かんば。
(桜の)樹皮。 〔日葡〕


かんば【樺】
 
〔「かには」の転〕
「 かば(樺)① 」に同じ。


かにわ【樺】
 
カバザクラ,一説に,シラカバの古名。上代には,舟に巻いたり器に張ったりした,その樹皮。 「しきたへの枕もまかず,-巻き作れる舟に/万葉集 942」


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

樺の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「樺」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月28日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ