Yahoo!辞書

kotobank > 武力攻撃事態法とは

 

武力攻撃事態法 【ブリョクコウゲキジタイホウ】

  • 1件の用語解説(武力攻撃事態法で検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶりょくこうげきじたい‐ほう 〔‐ハフ〕 【武力攻撃事態法】
 
《「武力攻撃事態等における我が国の平和と独立並びに国及び国民安全確保に関する法律」の通称武力攻撃事態等への対処について定めた法律。武力攻撃事態・武力攻撃予測事態について定義し、国・地方公共団体指定公共機関責務、国民の協力、および事態対処法制の整備について規定している。平成15年(2003)施行武力事態対処法

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武力攻撃事態法に近い言葉→武力攻撃事態|武力攻撃予測事態|武力攻撃|周辺事態法|武力事態対処法|擬態法|力攻め|武力|DoS攻撃|緊急事態

武力攻撃事態法の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「武力攻撃事態法」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月02日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ