Yahoo!辞書

kotobank > 片刃とは

 

片刃 【かたは】

  • 3件の用語解説(片刃で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かたは【片刃 locked particle】 

選鉱選炭において有価物の分離粒子単位行われる。ところが天然鉱石石炭では,回収目的とする鉱物粒が除外したい鉱物粒と共生している。このように2種以上の鉱物が共生した粒子のことを片刃と呼ぶ。また,選鉱・選炭における中間産物で,その品位が精鉱と廃石の中間にあるものも片刃,あるいはミドリングmiddling,中鉱などと呼ばれる。片刃粒子は粉砕によってしだいに単体の鉱物粒に分かれる。この過程単体分離liberationと呼ぶ。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

かた‐は 【片刃】
 
《「かたば」とも》
刃物で、刃先断面片側だけに刃がついていること。また、その刃物。⇔両刃
刀剣などで、鎬(しのぎ)を境に片側だけに刃がついていること。また、その刃物。⇔両刃諸刃(もろは)
目的とする鉱物と他の鉱物とで一粒子を構成している鉱石。選鉱を経て目的の鉱物を取り出す。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かたは【片刃】
 
〔「かたば」とも〕
刃物で,片面または片側だけに刃が付いていること。また,そのもの。 ↔ 諸刃(もろは)


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

片刃の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「片刃」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月23日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ