Yahoo!辞書

kotobank > 胎毒とは

 

胎毒 【たいどく】

  • 3件の用語解説(胎毒で検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胎毒
たいどく
infant eczema

乳幼児頭部頸部などにできる慢性皮膚病。土俗医療観である「毒が病因となる」という考え方から,母胎内で受けた毒によるものとして,この病名が生れた。先天梅毒によるものは例外で,普通脂漏性湿疹,膿痂疹のように,アレルギー現象による素質的なものや,細菌の原感染,あるいは2次感染によるものが大部分である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たい‐どく 【胎毒】
 
乳幼児の頭や顔にできる皮膚病の俗称母体内で受けた毒が原因と思われていた。現代医学では、脂漏湿疹(しっしん)急性湿疹膿痂疹(のうかしん)性湿疹などをいう。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たいどく【胎毒】
 
小児の体にできる皮膚病の通称。母胎内で受けた毒が発したと考えていわれた。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胎毒に近い言葉→胎毒下し

胎毒の関連情報

ショッピング検索

「胎毒」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月28日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ