Yahoo!辞書

kotobank > 蒙古斑とは

 

蒙古斑 【もうこはん】

  • 7件の用語解説(蒙古斑で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

もうこはん【蒙古斑 Mongolenfleck[ドイツ]】 

小児背部から腰部にかけてみられる青色斑紋真皮深層色素細胞多量存在するために起こる。多く場合仙骨部に局限しているが,背中拡散した場合もある。ほとんどが出生時にすでに認められ,1年後に退色し始める。日本人では出生時99.5%,5歳児62%,10歳児6%の出現率がある。モンゴル人,日本人,中国人,エスキモービルマ人などの蒙古人種多発(80~90%)するところからこの名でよばれ,マレーシア,ジャワ,フィリピンサモア,ハワイ,ニコバルなどの住民,さらにアメリカインディアンタミル人シンハラ人黒人にも見られる。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

家庭医学館の解説

もうこはん【蒙古斑】
 
 お尻の仙骨部(せんこつぶ)から尾骨部(びこつぶ)にかけて発生する、手のひら大までの青色の色素斑(しきそはん)です。出生時または生後1週から1か月ころに出てきます。
 メラニン色素をつくる細胞が、表皮の下の真皮層(しんぴそう)に残っているためにおこります。日本人では、100%にみられますが、ほとんどが5~6歳までに消えてしまいます。お尻以外皮膚、上下肢(じょうかし)や胴体(どうたい)に出る青色の色素斑は、異所性蒙古斑(いしょせいもうこはん)といい、こちらは色があまり褪(あ)せないといわれています。


(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

妊娠・子育て用語辞典の解説

もうこはん【蒙古斑】
 
アジア人の多くに見られる、お尻や腰、背中などに見られる青いあざ。日本人の約90%にあるといわれます。青く見えるのは皮膚の下にメラニン色素細胞が多いため(ママの顔のシミの原因でもある色素です)。そのほとんどは成長とともに薄くなって消えます。


Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

蒙古斑 【もうこはん】

主として臀部(ようでんぶ)に現れる大小不同の青色斑。新生児では顕著であるが,普通思春期までに自然消失する。肩や四肢などに現れる異所性蒙古斑の場合は,自然消失しないものもあり,レーザー治療ドライアイス液体窒素などによる冷凍療法を行う。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒙古斑
もうこはん
mongolian spot

新生児の仙骨部,尾骨部,ときに腰殿部に認められる大小種々,境界やや不鮮明の青色斑。出生時すぐに存在しているか生後1ヵ月頃までに現れ,7~8歳頃までに消失する。四肢,顔面に生じる同様の斑は異所性蒙古斑といい,自然消失しにくいものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

もうこはん【蒙古斑】
 
乳幼児の尻などに見られる青いあざ。特に,黄色人種にみられる。皮膚の深部にメラニン色素が沈着するために起こり,幼年期の終わりまでには消失する。小児斑。児斑。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

もうこ‐はん 【×蒙古斑】
 
乳幼児の臀部(でんぶ)・腰部などにみられる青色のあざ。その真皮中にメラニン色素細胞が存在することによる。黄色人種に特に顕著。7、8歳ごろまでに自然に消失する。小児斑。児斑。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の蒙古斑の言及

【あざ(痣)】より

[色素細胞系の母斑]
 青色ないし黒色調を呈する。蒙古斑mongolian spotは新生児,乳児の腰部から仙骨部にみられる灰青色斑で,日本人の場合90%以上に肉眼的に認められる。生下時からみられ,その後ある程度増加し,徐々にうすくなり5~6歳までにほとんど消失する。…
【体】より
…身長は中等度ないし低い。新生児,幼児の臀部の皮膚に青色の蒙古斑があることが多い。(3)ニグロイド大人種 皮膚は濃褐色ないし赤褐色,黒色で,体毛はわずかである。…
【人種】より
…今日でも,イギリスに移住した西インドの黒人がビタミンD不足で苦しむとか,アフリカに住む白人が日射病にやられやすい,というように皮膚の色の適応的役割は容易に認められる。5歳くらいまでの幼児の尻から背面の下部に青いあざとして現れる児斑(蒙古斑)は,真皮深層にある大型のメラニン細胞に支配される。モンゴロイドのほとんどに現れ,コーカソイドでは一般に0.5%以下,ニグロイドでは表皮のメラニン色素に妨げられて観察できない。…
※「蒙古斑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蒙古斑に近い言葉→蒙古ひだ(蒙古襞)|外蒙古|内蒙古|蒙古|蒙古襞|蒙古馬|蒙古来|蒙古羊|蒙古症|蒙古語

蒙古斑の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「蒙古斑」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月23日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ