Yahoo!辞書

kotobank > 藤岡屋由蔵とは

 

藤岡屋由蔵 【ふじおかや・よしぞう】

  • 2件の用語解説(藤岡屋由蔵で検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

生年: 寛政5 (1793)
没年: 没年不詳
江戸後期の古書業,巷談記録者。姓は須藤。上野国(群馬県)藤岡の人。壮年になってから江戸に出て,御本丸御広敷請負人足埼玉屋の寄子となったが,のち,御成道西側足袋中川軒下へ莚を敷き,古本を売った。終日,江戸の巷談や見聞など雑多情報筆記しては諸藩の記録方や留守居役に見せ,「御成道の達磨」とも「御記録本屋」とも呼ばれ,その記録の閲覧料で生計を立てたらしい。文化1(1804)年から慶応4(1868)年まで書き続けた『藤岡屋日記』(150巻152冊,写本)は,特に天保以降における江戸の風俗,天災人災,政治形勢などを豊富に記す。明治3(1870)年以降,郷里において没したといわれる。<著作>『藤岡屋日記』(『近世庶民生活史料』)<参考文献>吉原健一郎『江戸の情報屋』
(ロバート・キャンベル)


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤岡屋由蔵 ふじおかや-よしぞう
 
1793-? 江戸時代後期の本屋。
寛政5年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)藤岡の人。弘化(こうか)2年(1845)から江戸で古書店をいとなみながら,風俗や風聞をかきしるして御記録本屋とよばれた。文化元-慶応4年の「藤岡屋日記」で知られる。姓は須藤。

この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2009.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年1月20日現在のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤岡屋由蔵の言及

【藤岡屋日記】より
…幕末の江戸を中心とした諸記録を集めたもの。著者の藤岡屋由蔵は姓を須藤と称し,神田の古本商。原本は焼失したが,東京都公文書館に写本152冊が現存。…
※「藤岡屋由蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤岡屋由蔵に近い言葉→藤岡|坂西由蔵|新屋由高|須藤由蔵|藤岡勝二|藤岡市|藤岡長和|藤岡市助|藤岡好古|藤岡有貞

藤岡屋由蔵の関連情報

ショッピング検索

「藤岡屋由蔵」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月27日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ