Yahoo!辞書

kotobank > 製品の構成要素とは

 

製品の構成要素 【せいひんのこうせいようそ】

  • 1件の用語解説(製品の構成要素で検索)

グロービスのMBA経営辞書の解説

製品はその構成要素を「コア」「形態」「付随機能」の3つに分類できる。
「コア」は顧客の本質的なニーズを満たすための、根本となる機能や価値のことである。「形態」はコアに付随する製品特性スタイル品質ブランドパッケージングのことである。「付随機能」はアフター・サービス保証など付加的な要素のうち、顧客が価値を認めるものをいう。

例えば、自動車であれば、「コア」は運搬機能、「形態」は色やスタイル、燃費、安全性、速度など、「付随機能」は保証や保険、カー・ローン、アフター・サービスなどに相当する。

これら3要素のうち、マーケティング戦略上どれが最も重要かは、製品特性や競争環境によって異なる。製品の導入期には「コア」や「形態」の要素で差別化が可能であっても、市場発達して競合類似製品が出回るようになると、「付随機能」での差別化が重要になる。そのため、リサーチなどを通じて、顧客がどのような要素を重視しているかを見極める必要がある。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

製品の構成要素に近い言葉→賃金構成要素|構成要件|内閣の構成|家電製品のリモコン|家電製品のリモコンの仕組み|企業会計原則の構成|家電製品の買い替えによる二酸化炭素削減|練製品|要素|構成

製品の構成要素の関連情報

ショッピング検索

「製品の構成要素」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月03日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ