Yahoo!辞書

kotobank > 計画された偶発性理論とは

 

計画された偶発性理論 【ケイカクサレタグウハツセイリロン】

  • 1件の用語解説(計画された偶発性理論で検索)

人事労務用語辞典の解説

「計画された偶発理論」(Planned Happenstance Theory)とは、米スタンフォード大学ジョン・D・クランボルツ教授提唱したキャリア理論で、個人のキャリア形成予期せぬ偶発的な出来事に大きく影響されるものであり、その偶然に対して最善を尽くし、より積極的な対応を積み重ねることによってステップアップできるという考え方です。
(2011/3/14掲載


Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

計画された偶発性理論に近い言葉→消された年金|開析された島弧|相対性理論|一般相対性理論|特殊相対性理論|子供隠された鬼子母神のよう|特性理論|リーダーシップの特性理論|ランジュヴァンの常磁性理論|参議院選挙に示された民意のスイング

計画された偶発性理論の関連情報

ショッピング検索

「計画された偶発性理論」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月23日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ