Yahoo!辞書

kotobank > 調布とは

 

調布

  • 5件の用語解説(調布で検索)

大辞林 第三版の解説

ちょうふ【調布】
 
調として官に納める手織の布。つきのぬの。ちょうのぬの。
転じて,粗末な衣服。 「身には-の帷(かたびら),濯ぎけん世も知らず/今昔 15」
菓子の一種。カステラ状の皮で求肥(ぎゆうひ)を巻いたもの。


ちょうふ【調布】
 
東京都中部の市。近世,甲州街道の宿場町。多摩川の北岸に位置し住宅地として発展。深大(じんだい)寺がある。地名は,古く多摩川の水にさらして織った布を租税の調(ちよう)としたことに由来。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょうふ 〔テウフ〕 【調布】
 
東京都中部の市。名は、古代、麻が栽培され、多摩川の水にさらして布を織り、調(税)としたことによる。もと甲州街道の宿場町。深大寺(じんだいじ)神代植物公園がある。人口22.4万(2010)。

ちょう‐ふ 〔テウ‐〕 【調布】
 
租税一つとして官に納める手織りの麻布。つきぬの。たづくり。
粗末衣服。「身には―の帷(かたびら)濯ぎけむ世も知らず朽ちたる」〈今昔・一五・一五〉
小麦粉卵黄などを用いて薄く焼いた皮で求肥(ぎゅうひ)を包んだ菓子

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

調布
 
岡山名物菓子。小麦粉に卵や砂糖を加えて焼いた皮で求肥を巻いたもの。
最終更新日:2011/08/18


(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

調布に近い言葉→東京都調布市調布ケ丘|調布FM|調布市|調布パルコ|東京都調布市|調布[市]|東京都大田区田園調布|調布(人名)|東京都大田区田園調布南|東京都世田谷区玉川田園調布

調布の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「調布」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 10月01日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ