Yahoo!辞書

kotobank > Web2.0とは

 

Web2.0 【うぇぶにてんぜろ/うぇぶ2てん0/うぇぶ2.0/Web2.0/web2.0/WEB2.0】

  • 2件の用語解説(Web2.0で検索)

知恵蔵2014の解説

近年ウェブサービスで使われる技術・ビジネスモデルの総称一般には、「動的」「参加型」「相互補完的」などと説明されるが、厳密定義はなく、どちらかといえばキャッチフレーズに近い。もともとは、米国の技術系出版社であるオライリーメディア社が2004年10月に開いた技術会議提唱したのが始まり。1990年代後半のドットコム・バブル期のウェブサービスに比べ、現在サービスがどのような特徴を持っているか、という分析に基づいている。Web2.0的なサービスの代表例としては、「Google Maps」や「Wikipedia」、ブログなどが挙げられる。どれも、不特定多数ユーザーが参加することで新たな価値創造され、それを促進するバックグラウンドとして、一般的なウェブブラウザーを使いつつも、高度で使いやすいユーザーインターフェースを備えているのが特徴である。
( 斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト )

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2007」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウェブ‐にてんれい 【Web 2.0】
 
従来とは異なる発想に基づく、次世代インターネット関連の技術・サービス・ビジネスモデルの総称。米国において2004年頃から使われはじめた。特定の技術や明確概念を指し示すものではないが、利用者の積極的かつ自発的な参加、情報やサービスの提供者と利用者との双方向性など、いくつかの特徴が挙げられる。具体的には、利用者が自由に書き込めるインターネット上の百科事典や、動画ファイル公開できる動画投稿サイトソーシャルブックマークオープンソースソフトウエア開発などがある。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Web2.0に近い言葉→USB3.0|USB1.1/2.0|0系|0段階チャネル||0次元|0型文法|絶対0度|0型言語|0期の癌

Web2.0の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「Web2.0」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月23日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ