凡例《プログレッシブ和英中辞典》

プログレッシブ和英中辞典の凡例です。

見出し語

  1. この辞典には、日常的な表現に用いられる基本語、各種の合成語、慣用的な語句、一般の新聞、雑誌などに使用される各専門分野の語、身近な動植物名、新語、擬態語、擬声語、主要な地名、人名など約9万項目を収録した。
  2. かな見出しで五十音順に配列し、相当する漢字を太字で示した。
  3. 清音、濁音、半濁音の順に配列した。
  4. 促音の 「っ」、拗音の 「ゃ、ゅ、ょ」 は、それぞれ 「つ、や、ゆ、よ」 の前に配列した。
  5. カタカナ見出しの長音符(ー)は、その直前の文字を伸ばした音を「ア」行音に置き換えて配列した。 〔例〕「ああして」「アース」「ああすると」の順
  6. 同音語は必要に応じて同類の語、また同品詞の語を並べた。
  7. 非常用漢字は漢字の左肩に×をつけて示した。
    さんご【××瑚】
  8. 常用漢字外の読みのものには、漢字の左肩に▲をつけて示した。
    さすが【石】

慣用表現

  1. この辞典では、現代日本語の慣用的な表現を豊富に収録した。慣用表現はその表現を構成している語の中で主要な意味を持つ語を見出し語と定め、その見出し語の記述の最後に【慣用表現】として記述した。
  2. 慣用表現はその読みの五十音順に、1つ1つ改行して示した。

合成語

  1. 見出し語が他の語と結合して構成する合成語(複合名詞)は、その見出し語項目の最後に【合成語】として示した。ただし、慣用表現がある場合にはその後に置いた。
  2. 合成語はその読みの五十音順に配列した。

語義の分類と定義

  1. 見出し語の意味の分類はできるだけ厳密に行い、日本語の意味が明確になるようにした。
  2. 語義は1、2、3...で分類したが、重要語などについては必要に応じて原義としての意味と比喩としての意味に分け、原義はⅠ、比喩はⅡとし、さらに1、2、3...と下位分類した。ただし、小規模の語についてはその分類をしていない。
  3. 分類した語義には〔 〕のかっこで定義を示した。ただしに分類された場合で、原義と比喩の違いが明確であり、また、それぞれが下位分類を持っていない場合には、定義を与えていないことがある。
  4. 語義分類がなく、また訳語の差異についての補足も必要としないと思われる語については、定義をつけていない。

訳語

  1. この辞典では、1つの日本語に対して多くの訳語を示すことよりも、日常的によく使用される訳語を選んで示し、その他の訳語、表現は用例の中で展開することを方針とした。
  2. 1つの語義の中の訳語が複数になるときは、セミコロン(;)で区切った。また複数の訳語にそれぞれ意味の差、使い方の差があるときには、定義のかっこ 〔 〕 で補足を加え、その訳語の間はカンマ(,)で区切った。
  3. 訳語は日本語の使用レベルに対応することを原則としたが、必ずしもその対応が充分でないときには((口))((文))((俗))の指示を添えた。
  4. 必要に応じて、訳語に伴う特定の前置詞、あるいはto不定詞、that節などを(( ))の中に示して、訳語を活用できるようにした。
  5. 必要に応じて、訳語が結びつく目的語や形容詞、動詞などを(( ))に入れて示し、訳語の働きの理解を助けるようにした。
  6. 訳語の中の代表語one、oneself、a person、a thingなどは太字で示した。
  7. 名詞の訳語には可算名詞にa、またはanを付け、可算、不可算の両方に用いられるものは(a)、(an)で示した。不可算名詞はそのまま示した。
  8. 通例theを付けて用いるものは、the ~とした。
  9. 複数形で用いられているものは、訳語の後に (▼通例複数形) と示した。また、単数扱い、複数扱いについては、訳語の後に(▼単数扱い)(▼複数扱い)として示した。
  10. 注意すべき複数形については、訳語の後に((複...))で示した。
  11. 訳語は米綴りを優先して示した。米英の相違があるときには、それぞれに((米))((英))の表示を付けて並記した。ただし、例文中は米綴りを原則とした。
  12. 訳語には必要に応じて、それから派生する動詞、形容詞、副詞などを派生語として示し、それぞれに訳語を与えた。
  13. 小規模の語については、上記の訳語の示し方に従わずに、例文の中で訳語に相当する語、または表現を展開している。

用例

  1. 文の形で示すことを原則としたが、理解を妨げないものは句とした。
  2. 用例はそれぞれ改行した。
  3. 用例の配列の順序は、句、文にこだわらず、基本的な例から並べることを原則とした。
  4. 用例の中の訳語相当部分は太字で示した。厳密に対応ができないものは、その訳語の文中における使われ方に応じて太字にした。
  5. 用例の英訳が1語になるもの、またその訳全体が日本文と対応していて、部分的な指定ができないものは太字にしていない。
  6. 用例の英文は標準的な口語表現にすることを原則とし、また日本文のレベルに合わせることを心掛けた。
  7. 1つの用例に複数の英訳を与えるときは、例文の間を/で区切った。
  8. 用例の一部の言い換えは[ ]で囲み、その言い換えが対応している箇所に 「 をつけた。ただし、言い換えに対応する箇所が1語または自明の場合には 「 をつけていない。
  9. 1つの用例の中に他の言い換え表現を加えたときは、日本文、英文共に( )で囲んで示し、英文内の( )に対応する箇所に「をつけた。

用法注記

  1. 送訳語の使い分けについては、語義の分類とその定義によって示すことを原則としているが、さらに補足すべきことは、▼をつけて注記した。
  2. (▼...)の注記は、その直前の訳語または用例について、その意味の違い、使い方、文法的な注意などを補足している。

発音

  1. 発音が難しいものには必要に応じて、発音記号をつけた。
  2. 発音表記は米音を優先し、英音との対応がある場合には|で区切って、前を米音、後を英音とした。

コラム

  1. 身近な関心事から以下に示す28テーマを選び、そのテーマに関する語彙、用例が一覧できるようにした。

    家・住居/医療/宇宙開発/映画/エネルギー/音楽/会社・企業体/学校・教育/環境・公害/気象/銀行/景気/娯楽/コンピュータ/災害/サッカー/差別・人権/自動車/宗教/スポーツ/政治・政党・選挙/セックス・ジェンダー/ファッション/福祉・厚生/文学・批評/マスメディア/野球/料理

かっこと記号の使い方

    〔 〕
    語義分けの定義の説明を囲む。
    [ ]
    用例の中のその前の語句の言い換えを囲む。
    ( )
    1. 英文中の省略可能の部分を囲む。
    2. 1つの用例の中の一部に他の表現例を加えたとき、その日本語の部分と、それに対応する英語表現の部分を囲む。
    (( ))
    1. 英語の用法指示を囲む。
    2. 訳語に伴う特定の前置詞などの語を囲む。
    3. 米英などの表示を囲む。
    4. 複数形を囲む。
    5. 略語を囲む。
    用法の注記を示す。
    参照を示す。
    /
    用例の言い換えの区切りを示す。
    外来語の由来を示す。
    見出しの漢字が常用漢字ではあるが、その読みが常用漢字の音訓以外の読みであることを示す。
    ×
    見出し語の漢字が非常用漢字であることを示す。
    見出し語から派生する動詞、形容詞、副詞などを示す。

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android