コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反古

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

ほご【反古・反故】

I 〔文字などを書いて不用になった紙〕scrap paper; (old) scraps of paper
  • 1通の手紙を書き上げるまでに私は便箋びんせんを何枚もほごにした
    I wasted a lot of letter paper before I completed the letter.
  • その書類[契約書]も今はほご同然だ
    The document [contract] is now 「no better than wastepaper [a mere scrap of paper].
II 〔むだ,無効〕
  • 彼は約束をほごにした
    He broke his promise [word].
  • せっかくの名案もほごになった
    That splendid idea has come to nothing.

出典|小学館 プログレッシブ和英中辞典(第3版)について | 情報 凡例

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android