反古

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

ほご【反古・反故】

I 〔文字などを書いて不用になった紙〕scrap paper; (old) scraps of paper
  • 1通の手紙を書き上げるまでに私は便箋びんせんを何枚もほごにした
    I wasted a lot of letter paper before I completed the letter.
  • その書類[契約書]も今はほご同然だ
    The document [contract] is now 「no better than wastepaper [a mere scrap of paper].
II 〔むだ,無効〕
  • 彼は約束をほごにした
    He broke his promise [word].
  • せっかくの名案もほごになった
    That splendid idea has come to nothing.

出典|小学館 プログレッシブ和英中辞典(第3版)について | 情報 凡例

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android