コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛敬

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

あいきょう【愛敬・愛×嬌】

1 〔魅力があること〕
  • 愛敬のある笑顔
    「a winning [an engaging/an appealing] smile
  • 愛敬のない女
    an unpersonable
2 〔お世辞などのうまいこと〕
  • あの店の売り子は愛敬がない
    The salesgirls in [at] that shop make no effort to 「be pleasant [please].
  • 彼女の返答は愛敬のないものだった
    Her reply was curt.
  • 彼女は客に愛敬を振りまいていた
    She turned on all her charm for her guests.
  • 店主は愛敬たっぷりに私を迎えた
    The shopkeeper was all smiles as he greeted me.
3 〔こっけいなこと〕
  • 彼の失策はいつも愛敬があって全く憎めない
    His mistakes are always so funny as to be totally disarming.
4 〔座興〕
  • 彼はご愛敬でしくじってみせた
    He feigned a blunder just to please the audience.
  • とんだご愛敬さ
    What a farce!
愛敬者|〔こっけいな人〕a clown
  • 猿の太郎は愛敬者だ
    Taro the monkey is a cute little fellow.

出典|小学館 プログレッシブ和英中辞典(第3版)について | 情報 凡例

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android