コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Śmiały Smialy

世界大百科事典内のŚmiałyの言及

【ポーランド】より

…また荒廃したグニェズノは放棄され,以後ポーランドの君主は,クラクフにその居を定めることになった。 王位はその子ボレスワフ2世豪気王Bolesław II Szczodry(Śmiały。1042ころ‐81)がドイツ国王ハインリヒ4世と教皇グレゴリウス7世の叙任権闘争に乗じて回復するが(1076),聖スタニスワフ事件(スタニスワフ)にみられるようにすでに豪族の台頭が著しく,豪気王は弟のブワジスワフ・ヘルマンWładysław Herman(1043ころ‐1102)を擁立したシェチェフSieciech(11世紀中ごろ~12世紀初め)によって追放されてしまった(1079)。…

※「Śmiały」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Śmiałyの関連キーワード永遠と一日アンゲロプロスMIA問題アンゲロプロス軍事機密福間美里マンマ・ミーア!マイアミ・ヒートマイアミ・マーリンズキリコ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android