コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Şeyh Bedreddin SeyhBedreddin

世界大百科事典内のŞeyh Bedreddinの言及

【シェイヒ・ベドレッディンの乱】より

…1418‐20年に起こったオスマン帝国に対する反乱運動。シェイヒ・ベドレッディンŞeyh Bedreddin(1368‐1420)はティムールの遠征に随行してイランからアナトリアへ来たが,異端的傾向の強い神秘主義の教理を説いて,ティムールに敗れたオスマン朝支配下の民衆のひろい支持を集め,空位時代にはムーサー王子の大法官(カザスケル)を務めたが,メフメト1世が覇権を握ると,ドブロジャ地方を中心に反乱を起こした。アナトリア側での蜂起に失敗したのち反徒は四散し,ベドレッディンは捕らえられ処刑された。…

※「Şeyh Bedreddin」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Şeyh Bedreddinの関連キーワードシェイヒ・ベドレッディンの乱

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android