コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

γ-グルタミルトランスペプチダーゼ

1件 の用語解説(γ-グルタミルトランスペプチダーゼの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

γグルタミルトランスペプチダーゼ

 [EC2.3.2.2.].γ-グルタミルトランスフェラーゼともいう.グルタチオンなどγ-グルタミル化合物のγ位のペプチド結合を切断して他のペプチドのN末端へグルタミン酸もしくはグルタミン酸を末端にもつペプチドを転移する反応を触媒する酵素.通常グルタチオンが基質である.肝臓,腎臓,膵臓などに存在.肝炎などで血中濃度が著増する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のγ-グルタミルトランスペプチダーゼの言及

【肝機能検査】より

…胆汁中に分泌される胆汁酸およびコレステロールの血清中の濃度も上昇する。また胆汁流の障害に伴って,肝臓が障害されてアルカリホスファターゼ,γ‐グルタミルトランスペプチダーゼγ‐glutamyl transpeptidase(γ‐GTP),ロイシンアミノペプチダーゼ(LAP)など胆道系に存在している酵素と,肝細胞中のグルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼglutamic oxaloacetic transaminase(GOT)やグルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼglutamic pyruvic transaminase(GPT)などの酵素が血中に出てくるため,血清活性値が上昇する。しかも,これらの血清酵素活性値の変化には,障害の部位や性質に応じて特徴がみられるため,これらの検査は黄疸の鑑別診断に役立つ。…

※「γ-グルタミルトランスペプチダーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

γ-グルタミルトランスペプチダーゼの関連キーワードグルタミン酸ソーダグルタミン酸発酵グルタミン酸ナトリウムアガリチンアラニンアミノトランスフェラーゼγカルボキシグルタミン酸γ-グルタミルトランスフェラーゼグルタミン酸脱水素酵素ポリグルタミン酸γ-グルタミン酸転移酵素 (gamma-glutamyl transferase(γ-GT, γ-GTP))

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone