《ある霊魂の物語》(読み)あるれいこんのものがたり

世界大百科事典内の《ある霊魂の物語》の言及

【小さき花】より

…フランスの神秘思想家テレーズ・ド・リジューの自叙伝。正式の書名は《ある霊魂の物語Histoire d’une âme》。内容は1895年,修道女テレーズが修院長である姉ポリナの求めに応じて幼時の思い出を記した第1部(1~8章),97年修院長ゴンザグのマリア修道女にあてて,信仰生活や内心の戦いについてのべた第2部(9~10章),長姉マリアのために,〈小さき道〉という名称で知られるようになったテレーズ独特の信仰生活の秘訣について解説した第3部(11章)からなり,テレーズの修道院での生活,言動,臨終のようすなどを目撃者の証言によってつづった1章が付加されている。…

※「《ある霊魂の物語》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android