コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《お祭佐七》 おまつりさしち

世界大百科事典内の《お祭佐七》の言及

【江戸育御祭佐七】より

…1898年5月東京歌舞伎座初演。通称《お祭佐七》。お祭佐七を5世尾上菊五郎,小糸を尾上栄三郎(後の6世梅幸)で好演して以来15世市村羽左衛門ら音羽屋系の家の芸として現在に継承される。…

【心謎解色糸】より

…歌舞伎狂言。世話物。5幕。4世鶴屋南北・2世桜田治助らの合作。通称《本町糸屋の娘》《お祭左七》。別名題《誰噂色菊月(たれもうわさいろときくづき)》《本調子糸音色(ほんちようしいとのねじめ)》。1810年(文化7)1月江戸の市村座初演。配役はお祭左七を2世尾上松助(のちの3世菊五郎),半時九郎兵衛を5世松本幸四郎,本庄綱五郎を3世坂東三津五郎,糸屋妹娘お房・九郎兵衛女房お時実は糸屋姉娘小糸を5世岩井半四郎,芸者お糸を2世沢村田之助,風の神喜左衛門を初世尾上松緑など。…

※「《お祭佐七》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《お祭佐七》の関連キーワード片岡 愛之助(5代目)江戸育御祭佐七江戸育お祭佐七尾上 菊太郎愛想づかし心謎解色糸小糸・佐七牧野省三河竹新七雪とん家の芸縁切り

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android