コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《アレクサンドラ》 あれくさんどら

世界大百科事典内の《アレクサンドラ》の言及

【リュコフロン】より

…64(または46)編の作品と《喜劇論》と題する論文があったと伝えられる。メネデモスを揶揄(やゆ)したサテュロス劇の断片と,イアンボス調の1474行の詩《アレクサンドラ》が伝わる。この詩は,アレクサンドラ,すなわちカッサンドラの予言をプリアモス王に伝える奴隷の独白の形式をとる。…

※「《アレクサンドラ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《アレクサンドラ》の関連キーワードゼムリャ・フランツァ・イオシファヒトラー ~最期の12日間~アレクサンドリンスキー劇場アレクサンドロス[大王]カリフォルニア・ダウンALEXANDRITEジョディ・フォスターヒュルカノス[2世]セルゲイ シェプキンジャネット サズマンプリンセス・コートエドワード(7世)ハレマ モトランテクイーンモード山脈アイリーン ワースプリンセスドレスニコライ[2世]テリー ファレルルウェンゾリ山地G. ポターニン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android