コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《イギリス史》 いぎりすし

世界大百科事典内の《イギリス史》の言及

【マコーレー】より

…30年以降ホイッグ党所属の下院議員となり,自由主義的改革の雄弁で頭角を現し,34年インド総督参事会の立法委員としてインドに赴き,教育改革,刑法典の作成に尽力した。帰国後は陸相(1839‐41),主計総監(1846‐47)を務めたが,47年の総選挙に落選し,かねてから構想を練っていたイギリス史の叙述に専念した。翌年《イギリス史》全5巻(1848‐61)の最初の2巻を刊行。…

※「《イギリス史》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《イギリス史》の関連キーワードマコーレー(1st Baron Macaulay Thomas Babington Macaulay)ガーディナー(Samuel Rawson Gardiner)アンドルーズ(Charles McLean Andrews)ゴールドスミス(Oliver Goldsmith)ロビン・ジョージ コリングウッドジョージ・M. トレベリアンドゥームズデイ・ブックボリングブルック(子)ウエストミンスター寺院王政復古(世界)ラッペンベルクエリザベス1世スチュアート朝ヘプターキー今井 登志喜ヘンリー8世ウィンザー家ゴーボダックトレベリアンブレダ宣言

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

《イギリス史》の関連情報