コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《イギリス史》(読み)いぎりすし

世界大百科事典内の《イギリス史》の言及

【マコーレー】より

…30年以降ホイッグ党所属の下院議員となり,自由主義的改革の雄弁で頭角を現し,34年インド総督参事会の立法委員としてインドに赴き,教育改革,刑法典の作成に尽力した。帰国後は陸相(1839‐41),主計総監(1846‐47)を務めたが,47年の総選挙に落選し,かねてから構想を練っていたイギリス史の叙述に専念した。翌年《イギリス史》全5巻(1848‐61)の最初の2巻を刊行。…

※「《イギリス史》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報