コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《イタリア文学史》 いたりあぶんがくし

世界大百科事典内の《イタリア文学史》の言及

【デ・サンクティス】より

…56年,スイスのチューリヒ工科大学の教授に就任し,イタリア文学を講じた。60年,ガリバルディによる南イタリア解放が進むなか,勇躍ナポリへ帰って政治活動に没頭し,翌年,統一イタリアの国会議員に選出され,文部大臣に就任するなど,政治改革への情熱を終生燃やしつづける一方で,65年から旺盛な批評活動を再開し,66年に《批評論集》,69年に《ペトラルカ論》,70‐71年には主著《イタリア文学史》2巻を刊行。71年からは《文学史》を補完する19世紀イタリア文学をナポリ大学で講じ,晩年は当時まだ新しい自然主義文学の研究にも意欲的に取り組んだ。…

【フローラ】より

…1952年からボローニャ大学文学部教授。《20世紀の文化》(1934),《エルメティズモの詩》(1936),《現代詩学論考》(1949)などが主著であるが,《イタリア文学史》(全5巻。初版1940,増補改訂版1962)こそは彼の評論活動の集大成であり,F.デ・サンクティスに次ぐイタリア文学史の古典ともいうべき大著である。…

※「《イタリア文学史》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone