コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《ウェルギリウスの死》 うぇるぎりうすのし

世界大百科事典内の《ウェルギリウスの死》の言及

【アエネーイス】より

…彼は草稿の焼却を強く要望したが,アウグストゥスはそれを認めず未完成の部分を含んだまま詩人の友人ウァリウスとトゥッカに刊行を命じた。なお,H.ブロッホの小説《ウェルギリウスの死》(1945)は,死を間近にした詩人ウェルギリウスの内面を鋭く描いた作品である。【三浦 尤三】。…

【ブロッホ】より

…38年ナチスによるオーストリア併合時にゲシュタポに逮捕されたが,ジョイスの尽力で釈放されアメリカに亡命した。この逮捕がきっかけとなってアメリカで書かれた《ウェルギリウスの死》(1945)は,ローマの大詩人の死の直前の18時間をジョイス風の巨大な内的独白で描いている。その後プリンストン大学で講師をつとめながら群衆心理を研究。…

※「《ウェルギリウスの死》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone