コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《ウェルギリウスの死》 うぇるぎりうすのし

世界大百科事典内の《ウェルギリウスの死》の言及

【アエネーイス】より

…彼は草稿の焼却を強く要望したが,アウグストゥスはそれを認めず未完成の部分を含んだまま詩人の友人ウァリウスとトゥッカに刊行を命じた。なお,H.ブロッホの小説《ウェルギリウスの死》(1945)は,死を間近にした詩人ウェルギリウスの内面を鋭く描いた作品である。【三浦 尤三】。…

【ブロッホ】より

…38年ナチスによるオーストリア併合時にゲシュタポに逮捕されたが,ジョイスの尽力で釈放されアメリカに亡命した。この逮捕がきっかけとなってアメリカで書かれた《ウェルギリウスの死》(1945)は,ローマの大詩人の死の直前の18時間をジョイス風の巨大な内的独白で描いている。その後プリンストン大学で講師をつとめながら群衆心理を研究。…

※「《ウェルギリウスの死》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《ウェルギリウスの死》の関連キーワードブロッホ(Hermann Broch)ヘルマン ブロッホウェルギリウスの死ウェルギリウスブロッホ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android