コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《ウーロープ》 うーろーぷ

世界大百科事典内の《ウーロープ》の言及

【アルコス】より

…06年,デュアメル,ビルドラックらとパリ郊外クレテイユにユートピア〈僧院〉を創設し,仲間と自給自足の共同生活を送り,いわゆる〈アベイ派〉を形成した。第1次世界大戦に際しては反戦的姿勢を崩すことなく,18年詩集《他人の血》を上梓し,戦後は左翼に属し,ロマン・ロランらとともに22年雑誌《ウーロープ》を創刊し,40年の休刊までその主幹の地位にとどまった。ほかに小説《他人》(1926)などがある。…

※「《ウーロープ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《ウーロープ》の関連キーワードジャン・リシャール ブロックピエール アブラハムピエール ガマラブロックアルコスゲーノ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android