コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《エアリアル》 えありある

世界大百科事典内の《エアリアル》の言及

【プラス】より

…1956年,イギリスの詩人テッド・ヒューズと結婚したが,晩年は2人の間がうまくいかず,彼女は2人の子どもを養いながら詩作に没頭し,63年の寒い冬にロンドンで自殺した。詩集として最も優れた《エアリアル》は死後に刊行された(1965)が,そこには一人の女であり母親である詩人の苦悩と死への衝動が,例えばナチス・ドイツの残虐行為といった現代の破壊的要素と結びつけられていて,単純かつ呪術的な韻律によって,戦慄的な詩風をつくり出している。〈ダディ〉などの詩編は,英米の英文科の学生がそらんじていたといわれる。…

※「《エアリアル》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《エアリアル》の関連キーワードジャレット ピーターソンスティーブ オミシュルアリサ キャンプリンアレクセイ グリシンフリースタイルスキーアントン クシニルリディア ラシラケイト ブッシュエアリアルスキーMichiruエベリネ ルートランポリンエアリアルスキー用語スキー競技アンテナ韓 暁鵬佐藤流司天野朋子斉 広璞

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android