《エアリアル》(読み)えありある

世界大百科事典内の《エアリアル》の言及

【プラス】より

…1956年,イギリスの詩人テッド・ヒューズと結婚したが,晩年は2人の間がうまくいかず,彼女は2人の子どもを養いながら詩作に没頭し,63年の寒い冬にロンドンで自殺した。詩集として最も優れた《エアリアル》は死後に刊行された(1965)が,そこには一人の女であり母親である詩人の苦悩と死への衝動が,例えばナチス・ドイツの残虐行為といった現代の破壊的要素と結びつけられていて,単純かつ呪術的な韻律によって,戦慄的な詩風をつくり出している。〈ダディ〉などの詩編は,英米の英文科の学生がそらんじていたといわれる。…

※「《エアリアル》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android