コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《エッセー第2集》 えっせーだいにしゅう

世界大百科事典内の《エッセー第2集》の言及

【エマソン】より

… おなじ30年代になされた講演〈アメリカの学者〉(1837)と〈神学部講演〉(1838)でも,エマソンは精神の自立性と限りなさを情熱的に説きつづけた。その思想はやがて《エッセー第1集》(1841)と《エッセー第2集》(1844)にいたって,〈自己信頼〉〈友情〉〈芸術〉など,具体的なさまざまの題目をめぐってさらに展開されていく。しかしとくに《第2集》になると,それまでのロマンティシズムに変化のきざしが見え始める。…

※「《エッセー第2集》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android