コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《オリエンタリズム》 おりえんたりずむ

世界大百科事典内の《オリエンタリズム》の言及

【アメリカ文学】より

…メリルJames Merrillの長詩《サンドーバーの変化する光》(1982)は詩における最近の最大の収穫であり,ブルームHarold Bloomの《アゴーン》(1982)は文学批評における成果の一つであるが,いずれも神秘思想の色が濃い点を特色とする。アラブ系の批評家サイードEdward W.Saidの《オリエンタリズム》(1978)も,西欧的テキストの中にのみ存在する〈オリエント〉を西欧がいかにして形成し,それに基づいて,いかに支配の姿勢を維持してきたかを解明した,優れた文明批評の書である。【志村 正雄】
[日本におけるアメリカ文学]
 アメリカ文学は文明開化時代の日本に,まずその開化の精神のモデルを表現したものとして入ってきた。…

※「《オリエンタリズム》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《オリエンタリズム》の関連キーワードカルチュラル・スタディーズポスト・コロニアリズムポストコロニアリズムルスランとリュドミラオリエンタリズムロシア・バレエ団ディック リーアフリカ文学フロマンタンベジャールボロディンイスラム学オダリスク風景式庭園サイード森村泰昌アングル超絶主義フォリー見世物